web漫画 STAR DESTINY スターデスティニー

※「カテゴリー」から読んでね。※I read from the " category " web comic .Favorite page will share please SNS if there .web漫画?ラノベマンガ?絵本?そんな形式の無料ウェブ漫画です。web comic ? Light novel ? Picture book ? It is a free web comic of such format .

P148

f:id:PJstrider:20180914210948p:plain

こっちならページ「前に戻る」、「次へ進む」の機能を使って読めます。
http://stardestiny.blog.jp/

 

私はヌーノ
ここで雇われている
I am Nuno. I am hired here

彼はジャダVL
He is GiadaVL

どうも
ジャダです
Hello, I am Giada

ルゴール…
ロニカルの騎士だ
Rgel ...
It's Knight of Ronical.

私たちは君たちを
歓迎しない
We do not welcome you guys

「取り引きをしに来た」
ヌーノは少し笑うとマントの男に殺気を向けて言葉を返した。
「誰に聞いたか知らないが、ここはマーケットではない。
君は間違った情報を与えられたんじゃないか?」
"I came to make a deal"
Nuno laughed a bit and turned her word to the mantle man and returned words.
"I do not know who I asked, but this is not a market.
You guys were given the wrong information? "

 

 

 

P147

f:id:PJstrider:20180826101819p:plain

こっちならページ「前に戻る」、「次へ進む」の機能を使って読めます。
http://stardestiny.blog.jp/

 

さまようように惑星ロニカル方面に進んでいる宇宙船の中で、
静かに端末が光っている。
眠っていたカルハザードはゆっくり起き上がり、
端末を拾った。
「ジモー、まだ到着してないぞ。何かあったのか?」
いつもと変わらない笑顔でジモーは要件を言った。
「カルハザード、ヴァーミリオンに繋いでくれんかの?」
それを聞いたカルハザードはあくびをした。
The terminal gently shimmers in the spacecraft proceeding to the planet Ronical like a wandering.
Kalhazard, who was asleep, slowly got up and picked up the terminal.
"Jimo, I have not arrived yet. Did something happen?"
Jimo said the requirement with an unchanging smile.
"Are you connected to Kalhazard, Vermilion?"
Kalhazard heard it yawned.

どうした?
What?

客が来た
君に見て欲しいんじゃが
A visitor came.
I would like you to see it

知っている顔かの?
Do you know the face?